~気が付けば、観た作品ばかり。作家 リチャード・マシスンさん~




余りにも扱いが小さすぎるだろ?


日本はどうなっているんだ、ホント・・・。





映画界に大きな功績を残した方が、また一人亡くなった。




リチャード・マシスン(Richard Burton Matheson, 1926年2月20日~2013年6月23日)さん~

Wikipedia 様




87歳。








優れた作家であり、優れた脚本家でもあった。














スピルバーグの『激突!』



は彼の原作でもあり、脚本も担当した。



※ 彼のデビュー作となった


「四次元への招待」のシリーズ中の一編、


「笑いを売る男」“Make Me Laugh”でも共同脚本担当 ※





長編小説、


『I Am Legend』は、


ヴィンセント・プライス主演の



『地球最後の男』(原題;The Last Man on Earth, 1964年米&伊)



と言う最高傑作を含め、三度映画化されている。




二本目は、”とんでも解釈(個人的には)”のヒーローもの。


三本目は、ウィル・スミスくんのなので、みなさんご存知でしょう?



※ なんか調べていたら、


『~過去の物語を描く続編の製作が決定している。主演は同じくウィル・スミス・・・。』


だそうな。※




どうでもいいけれど、ウィルくん版のED、どっちが本物なんだ?


製作者は、どちらを本当のEDとしているんだ?



ウィルくんの作品で、初めて


”別ED”


を用意、DVD等のメディアに収録する事の


「ずるさ」


が判った。


それまでは、映画界では用意するのは、当たり前だし。


<スクリーンテストで様子を見て、好評な方を使う>から、気にしなかったのだが。





しかし、この原作は違う。原題に大きな意味がある。


『I Am Legend』


の全然意味合いが違ってくるのだ。




一方のEDでは、一作目、つまり原作にのっとった、


『価値観の逆転』⇒これがなければ題名の


『I Am Legend』の意味が全く無くなってしまう。





一方は、米得意の、


『ヒーロー』物にしてしまった、愚作ヘストン版と同じ。






お馴染み、





マジソンズ博覧会 様内の




最低映画館~地球最後の男





には、


『~なお、本作は71年にチャールトン・ヘストン主演で


『地球最後の男/オメガマン』としてリメイクされているが、


これはもう『ナイト・オブ~』を


シュワルツネッガーでリメイクするぐらいに


勘違いも甚だしい作品であったことを付記しておく。』


と記されている事からも、お分かり頂ける様に、


原作をとんでもなくぶっ壊しているのだ。


原作を、全く理解していないと言う、見方すらできる。





尚、この一作目は、




zombie映画のマスターピースの一つ




ロメロおっちゃんの


『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(原題: Night of the Living Dead)




はこの作品がなければ(勿論、一作目)今のような


マスターピースになっていない可能性さえある。





お馴染み、『家を取り囲む無数の吸血鬼』の描写がそれだ。


※ 『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』の脚本家自身がそれを認めている。 ※






他の作品では、



『死を招くボタン・ゲーム』(原題: Button, Button)が



キャメロン・ディアスさん主演で、



『運命のボタン』(原題: The Box)2009年


として映画化されたので、御存知の方も多いだろう。


(但し、これも、原作を”壊して”しまっていた。


現代の風潮なのか、女性をたてる結末に。何で、あんな形にするかなぁ・・・。)






脚本家としては、


名作、


ヘルハウス (原題; The Legend of Hell House 1973年 英) ジョン・ハフ監督




SF・ラヴストーリーの


『ある日どこかで』(原題;Somewhere in Time 1980年 米)ヤノット・シュワルツ監督




ロビン・ウィリアムズさん主演のヒューマンドラマ、


『奇蹟の輝き』(原題;What Dreams May Come 1998年 米)ヴィンセント・ウォード監督



も彼の原作。






最近話題になった、


リアル・スティール ( 原題;Real Steel 2011年米)ショーン・レヴィ監督


の原作も彼。







当時劇場に観に行った、


『トワイライトゾーン/超次元の体験』(原題;Twilight Zone: The Movie 1983年 米)


正直、全体的には、面白くはなかったんですが、


最後の作品、


ジョージ・ミラー監督のエピソード、


「2万フィートの戦慄」(原題;『NIGHTMARE AT 20,000 FEET』)


だけは、見応えがあった。


これが、マシスンの作品でした。





※ テレビ版のオリジナル・エピソード


『NIGHTMARE AT 20,000 FEET:2万フィートの戦慄』


を手掛けたリチャード・マシスンが一部設定を変えてリライト(脚本)したそうです。 ※




<ストーリー~Wikipedia様より>



飛行機恐怖症のジョン・ヴァレンタインは、


飛行中の旅客機内でパニックに襲われていた。


気遣うスチュワーデスに大丈夫だと言ったものの、恐怖感は鎮まらない。


落ち着くための喫煙は咎められ、新聞を開けば見出しは


「史上最悪の飛行機事故」。


周囲の客は彼の神経をいら立たせ、


外では雷鳴が轟き、稲光が走る。


気分転換に窓の外を覗いた彼は、異様なものを目にする・・・。









書き出したらキリがないので、この辺にします。




心よりご冥福をお祈りいたします。











画像















運命のボタン (ハヤカワ文庫NV)
早川書房
リチャード・マシスン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 運命のボタン (ハヤカワ文庫NV) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル









にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック