~『メドゥーサ・タッチ』日本語吹き替え放送版 ストーリー .前編~

『メドゥーサ・タッチ』


放送当時、


『恐怖の魔力 メドゥーサ・タッチ』


1986年12月8日放送



(原題:The Medusa Touch)


1978年制作 イギリス・フランス合作










ストーリーを御紹介します。



今回は、TV放送吹き替え版に準じております。


故に、オリジナルとは違っている、


台詞回し、


カットされている部分


があるかと思いますが、御容赦を。



もしかしたら、オリジナルとは違う表現などもあるかも、です。



で、



この作品、名作なのに殆ど、知られていないのが余りにも


残念なので


一風変わった記述でお送りします。


と言っても、ただ単に、


若干、小説風に書くだけ、


なんですが・・・。



少しでも興味が出て頂けたら幸いです。






長いので、前編・中編・後編、と分けますね。




つまり、




ネタバレ全開です。



では、始めます。





























ロンドン。











ある人物の一室。


訪ねて来る人影。



椅子に座っている人物が呟く。





「今良い処なんだ・・・。」







TVでは、月におけるアキレス6号の


事故、宇宙におけるアメリカ最初の犠牲者の報・・・。



椅子を回し、自分の方に向けさせる訪問者。



座ったままの男は、



「ああ・・・。左手が反応した・・・。」



画像



振り下ろされる鈍器。












死後二時間。




との検死。


被害者は、作家のジョン・モーラー。



パリ警視庁のブリュネルは研修先のこの地でロンドン警視庁と


この事件を担当する事となった。




画像




被害者の日記には、



『NO SIGN OF L』~Lの印無し。

『ZONFELD』~ゾンフェルド

『THE WEST FRONT』~西正面




が、突然、息を吹き返す被害者。








ごった返す病院に緊急配送される。





病院内での会話。


相棒になった、ダフ刑事が、



『大変ですよ、ジャンボの事故で・・・。』



大惨事、航空機事故、市内に墜落したらしい。


画像





モーラのカウンセリングをしていた




精神科医、ゾンフェルド



を訪ねる、ブリュネル。



画像








回想。








「私には、災いを生む力がある。」

「他人に。」


嫌っていた乳母が風疹で死んだ時から。



自分が死なせたと・・・。



回想。





乳母、


画像



『心して御聞きなさい。神はもうあなたの側にいて守ってはくれないわ。』



『悪を行う者の体を引き裂く。・・・」







『夜毎、彼女は私の心に血のように赤い地獄の幻想を吹き込み続けた。



ついにある夜、熱に魘されながら、私は目をつぶって悪魔に祈った。



画像



『我が悪魔よ!私が熱に焼かれているように彼女を焼き尽くせ!!、と・・・。』

『あくる日、彼女は死んだ。』






そして、


ヒステリックな母親。


父親も妻に注意はするがそこ止まり。



崖から景色を見ている夫妻。


無人で動き出す車。


画像




画像






『ブレーキに細工をしたのですか?』~ゾンフェルド


『いいえ』~モーラ


『親たちを見て惨事を予感したんです。不可避だと・・・。』



ゾンフェルド、


『・・・、偶然だと思いますけれど・・・。』





『他にも事例がなければ納得できるけれどね・・・。』


『・・・、他にも?』


『・・・、幾つか。』




病院


心臓の鼓動~ほとんど反応がない。


画像



EEG(脳波)~まだ機能している。


画像


出版社によると彼の作品のテーマは、




『邪悪と権力』









医師の一人の言葉



『この状態ですからね・・・、よほど生きていないと都合の悪いことがあるのでしょう』






日記。





『この事を知っていながら生きている事は出来ない。


しかし、このままでは死ねない・・・。


その折り合いをどう着けるかが、難しい・・・。


どちらに行っても

「死」


がそこにある・・・。



最大の報酬をこの手で掴むのだ・・・。


”L”の印無し・・・。



・・・、「ジェリコの城壁」も思想の力の前に崩れた。





※(旧約聖書に登場する。


古代イスラエルのモーセの後継者ヨシュア(英名ジョシュア)が


カナン人の都市ジェリコの攻略した。


その時の都市の壁。)※






不可能な事など何一つありえないのだ。


ゾンフェルド・・・。


彼女が知っていてさえくれたら・・・。』



画像





スクラップブック。




惨事のコレクション。





ダフが言う。



画像



『もう少し生きていたら、「宇宙船の事故」も観れたでしょうに。』



ブリュネル、


『災害には終わりがないからね・・・。』










『Lの印無し』・・・。








ゾンフェルドのもとへ行くブリュネル。





『”自分が招いた”と信じている事件で、”惨事”と呼べる物はあったんでしょうか?』



ゾンフェルド



『一つあります。』



『その時死者は、出たんでしょうか?』



『ええ、何人か・・・。』





『モーラーは責任を問われたんでしょうか?』




『ええ、容疑者にされたそうです、その時。』








学生時代のモーラー。


授業中、落ち葉を眺めていて注意される。



罰を言い渡される。



礼拝後、落ち葉を拾い集めてこい。


キッカリ、1149枚。


雨の中集めてくるが、


ダメ出しされる。






濡れているから、乾かしてこい、と・・・。






落ち葉を焼却炉に入れるモーラー。



扉を締めず立ち去る。


画像



火災・・・。



画像




教師一人、生徒四人が、焼死・・・。




扉を閉めることをしなかったのが、火災の原因とされたが、


”故意”


とは看做されず、罪には問われなかった。





ブリュネル、


『死んだ生徒達の親は、どう思ったのでしょう?』


『モーラーはどう思ったのでしょう。』



ゾンフェルドの回想




『ドアを開けた先生を見て、この人は必ず死ぬと直感しましたよ。』



『四人の生徒については?』


『ずっと、苦しんできましたよ。』


『私はやっていない。父の場合も、ブレーキには一切、手を触れていない。


原因は他にあった筈です。』










死んだ生徒たち・その家族を調べさせる、ブリュネル。





日記。




L TODAY.


THEY Blast off tomorrow。(BLAST かどうか?あまり読み取れませんでした)


※ 以下、画面では、あまり読み取れず ※





画像




『~L に今日、印あれば、崩壊は明日の予定。



私は言われた仕事をする”一介の職人”だ。



ここでも責任の所在が不明だ。


皆、西表面の『ひび割れ』を気にしている、今に判るさ・・・。』


画像





TELEKINESIS!


~念力~









隣人ペニントンの奥さんが少し前に死んでいた。





自殺。



ペニントン曰く、『心に悪魔の住む人間がいる』





回想



魚の事で、ペニントンに文句を言う、ヒステリックなカミさん。



執筆を邪魔されているモーラ。



画像



『もうこんな生活は嫌、死んでしましたい!!』



『私だって、飛び下りるくらいの事は出来るんだから~!!!』









『グズグズしないで、早く飛び降りろ!!!』~モーラ(自室にて)

画像




途端に、躊躇なく飛び降りたカミさん。



画像





TVでやっているアニメとの対比・・・。








病院にて。



医者


『何を期待しているのかね?』



ブリュネル


画像




『彼が、「何を」考えているのかが、心配でして・・・。』







医者は『念力』に関して、頭から否定はしなくて、『一考に値する』と言う。









モーラの日記を見たいとの要請がある、と告げる、副総監。



画像



『モーラは権力志向の実態に通じていて、”赤い絨毯の上”で何が行われているのかを


つぶさに知っているのだよ。どうやって知ったのかは、分らんがね・・・。


本だけでも大変なのに日記もあるとなると、気が気じゃないってわけだ。』





ゾンフェルドのオフィス。



ブリュネル


『全て、偶然だと?』


ゾンフェルド



『当然です。』


回想


モーラ


『偶然ではない。』



あなたに奥様がいたなんて、初めて伺いましたわ。』





『ほんの「名ばかり」でね。』





『自分がこんな人間でよかったと思ったのはあの時だけだよ。』




画像








続く・・・。

































メドゥーサ・タッチ [DVD]
紀伊國屋書店
2004-12-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by メドゥーサ・タッチ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル















にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村




にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック