~『メドゥーサ・タッチ』日本語吹き替え放送版 ストーリー .後編 その弐 ~






一人病室へ来た、ゾンフェルド。




画像






護衛の刑事はうたた寝をしている。




モーラに付いている点滴等を見つめる。




脳波計は、以前よりも激しく、反応している。





画像








・・・。







『残念ですけれど、また、失敗しました・・・。』






ゾンフェルドの声が、室内に流れる。




但、それは今までとは違っていた。





その声は、淡々としており、機械的に聴こえた。



それは無理もない。




その声は録音されたものであるのだから・・・。





『・・・、私の失敗には慣れたでしょ?』






諦めたかのような、声の流れる中、声の主は



オフィスのデスクに注射器を握ったまま、眼を閉じていた。




画像




美しいブルー・アイズは、二度と明るさを取り戻す事はない。





生前録音された記録が流れ続ける・・・。







『・・・、ほんの短いお付き合いでしたが・・・。



・・・、私、また病院へ行きました。そして、「彼」を



見つめながら考えました。』





傍らには、ブリュネルが、腕組みをし、今までにない表情で




彼女の亡骸を見つめていた。




画像





画像






『・・・、至極簡単な事の様に思えて・・・。チューブを外してもいい、



プラグを抜いてもいい・・・。



方法は幾らでもあったのに・・・。



・・・、でも出来ませんでした・・・。



自分で始めた事を、終わらす事が出来なかったのです・・・。



後はもう、貴方にお任せするしかありません・・・。



・・・、御許し下さい・・・。』











時を同じくして、ミンスター寺院の壁は、大きな亀裂が走り、



一部が崩れ落ちていた・・・。





画像









翌日、ブリュネルは、寺院を訪れていた。



しかし扉の手前で彼のすぐ横に、何かが落ちて来た。



上を見上げるブリュネル。



画像



そこには、



上部の装飾部分が、パラパラと崩れているのだ。





神父が言う、



『トラックの所為だ・・・。ひどい振動でしょ?



トラックは立ち入り禁止にするべきです。』





(注 色々組織が複雑みたいで、組織の内部構造が



よく解らん・・・。




<詳しくはこちらを。



ウェストミンスター寺院~Wikipedia 様






イングランド国教会~Wikipedia 様)







その時、総監の車が到着した。




寺院の入口では、号外を配る男。




『NEWSですよ~。原発で、暴動~!!』



総監は大臣に会えなかった様だ。




『秘書が「明日の朝なら。」と言ってくれたんだが、




まともな話じゃないから、強引には会えんよ。病院の方はどうだ?』




『はい。昨夜は非常に脳波の動きが激しく、その後、



一応落ち着いていたのに、



今また、激しくなってます・・・、意味が判らないんです!』




『・・・、彼女は死にました・・・。』



画像




『自殺か?


・・・、どうなっているんだ・・・、君らの言う事、やる事を見ていると


こっちまで変になってくる。どうすれば良いんだ?』





『・・・、待つしか無いです・・・。



奇跡を・・・、祈って・・・。』







教会のオルガンが室内に流れる中、ブリュネルは



敷地内を調べていた。







その時、ブリュネルのすぐ目の前に、



塔の上の彫刻が落下してきた。



画像





一歩でも前にいたら、直撃していた。






司教が言う。



『スマンが時間がないのだよ。君。』





『建物が少しずつ崩れかけているんですよ。もう!!』



『その為に寄付を集めたんでね。車の所為だよ。』



『車は皆、迂回させています!!』



『これは、やっぱり・・・、』



『心配してくれるのは有り難いが、大丈夫だ。何も起きはせん。



教会のために祈ってくれたまえ。君の心の平安の為に。』




話にならなかった。







そして・・・、






その夜が訪れる。




画像





鐘が鳴り響く中、



要人達が寺院に足を運ぶ。





その間にも、頭上からは細かな破片が降ってきている。




更に、柱には大きな亀裂が。






『納得いきましたか?』



画像





画像




『礼拝を中止させよう!』、と、総監。




『そうです。方法が一つあります。』





寺院から響き渡る不気味な音に、





『言ってみろ、何でもいいから!』




『爆弾テロだと言って、直ぐ皆を外に出してしまうんです!』




『それでいこう!!』




『君は中の連中を、私は外を受け持つ!』




『私じゃ相手にされない!頼みます、私は外をやります!!』




『ああっ!、警部。・・・、冷静にな・・・。』





画像




分かれる二人。



『大司教に話したから、納得するだろう。』と総監。



ところが・・・。



信じていないのだ、彼らは。



そして・・・。



画像





『見て下さい!!』、合流したダフが指さした先には・・・。













『神の怒りと共に彼らの頭上に崩れ落ちるのだ!!!』






画像








続く・・・。


















にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







押して頂けたら、


”スクワット”、100回やりましょう。 (ムリ、ムリ・・・。)  













メドゥーサ・タッチ [DVD]
紀伊國屋書店
2004-12-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by メドゥーサ・タッチ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック